2006年09月08日

トランスアメリカ


製作 ‘05 米
監督 ダンカン・タッカー
製作 ウィリアム・H・メイシー
脚本 ダンカン・タッカー
音楽 デヴィッド・マンスフィールド
出演 フェリシティ・ハフマン 、ケヴィン・ゼガーズ


そりゃあぐれるよねぇ、うんうん
クスリでもやりたくなるよねぇ、うんうん
父親(男)の自覚のなかった彼(彼女?)と
息子は彼女(彼?)が父親(母親?)であることを知らされぬまま
お互い先へ進むために過去への旅に出る
彼(彼女?)は女になる手前で母性に目覚め
息子は…
第三者にとっちゃ喜劇だが
当事者にとっちゃ悲劇だな
しかもかなりヘヴィな

個人評価…★★★☆☆
対象年齢…お前の母ちゃん、良く見るといい女かも知んないぞ?
見どころ…腐っても、親子

解説: 女性の心を持ちながら、体は男性として生まれた主人公の葛藤をモチーフにしたハートフル(?)な人間ドラマ

ストーリー:性同一性障害の元男・ブリーは、身体も女性になるため最後の手術を控えていた。そんな“彼女”の前に突然、息子だという少年トピーが出現…


posted by ika at 18:52 | ご意見下さい(0) | ロードムービー
ご来場有難う御座います
コメントをお書き下さい
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。