2006年10月28日

リトル・ミス・サンシャイン

製作 ‘06 米
監督 ジョナサン・デイトン 、ヴァレリー・ファリス
脚本 マイケル・アーント
音楽 マイケル・ダナ
出演 アビゲイル・ブレスリン 、グレッグ・キニア 、ポール・ダノ
   アラン・アーキン 、トニ・コレット 、スティーヴ・カレル


20061117001fl00001viewrsz150x.jpg東京国際映画祭に行ってきました。
パンチの効いた個性豊かな家族
決して誉められたもんじゃない人達なんだが…
どうにも憎めない「しょうがねぇなぁ…」な、面々
破天荒にも見える家族像のようで、結構いそうな父ちゃんだったり、母ちゃんだったり、じいちゃんだったり…
人間、人から教わることは山ほどある
先人からも、子供からも

個人評価…★★★★☆
対象年齢…思春期の若者から子供がわからなくなった大人まで
見どころ…家族の崩壊ってのは、家の部屋数と連動している…らしい

解説: サンダンスを始め、多くの国際映画祭で、絶賛を受けたロードムービー

ストーリー:独自の成功論を振りかざす父とバラバラな家族を必死でまとめようとする母
ヘロイン常用で老人ホームを追い出された祖父、失恋が原因で自殺をはかったゲイの伯父
そんな家族に反発し沈黙を続ける兄とビューティー・クィーンを夢見る妹…
念願かなってコンテストに繰り上げ参加することになり全員でアリゾナからカリフォルニアへ、おんぼろバスで向かうことに…


posted by ika at 16:39 | ご意見下さい(0) | ロードムービー
ご来場有難う御座います
コメントをお書き下さい
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。