2006年09月08日

ハッスル&フロウ


製作 ‘05 米
監督 クレイグ・ブリュワー
製作 ドワイト・ウィリアムス
脚本 クレイグ・ブリュワー
音楽 スコット・ボマー
出演 テレンス・ハワード 、アンソニー・アンダーソン
    タリン・マニング 、タラジ・P・ヘンソン 、DJクオールズ


そんなに悪い奴じゃない気もしてくる
が、間違いなくイイ奴ではない
夢を追いかけているだけで、何でか「イイ奴」に見えてくる
でもよくよく考えると「ロクでもない男」以外何者でもない気がする
まあ、あまりアーティストで「イイ人」ってゆーのもピンとこないが
でもなぜか、こーゆー男に限って女が群がってくる

個人評価…★★★★☆
対象年齢…ラップ好きなら見てください
見どころ…黒人さんもカタチから入るものなのねぇ

詳細情報


2006年04月12日

クラッシュ


製作‘04 米
監督 ポール・ハギス
音楽 マーク・アイシャム
出演 サンドラ・ブロック 、ドン・チードル 、マット・ディロン
   ジェニファー・エスポジート 、ウィリアム・フィクトナー


表が出れば“縁” 裏が出れば“因果”
人との出会い自体が、まるで事故のような…
これは果たしてアメリカの風潮や人種の違いの問題だろうか?
ツキがよければ救われ、悪ければ掬われる。
うっかり死んでしまうか、たまたま命拾いするか。
被害者にも、加害者にも、その直前まではかる事は出来ない。
人間であることが、切なくなる。

映画の中の少女を脅かす銃弾は、何処まで飛んで誰を傷つけるのか

個人評価…★★★★★
対象年齢…よく人に当り散らす人
見どころ…一人の人間の中にある徳と罪

詳細情報

2006年04月09日

ブロークバック・マウンテン


製作 05’米
監督 アン・リー
原作 アニー・プルー
音楽 グスターボ・サンタオラヤ
出演 ヒース・レジャー 、ジェイク・ギレンホール
    ミシェル・ウィリアムズ 、アン・ハサウェイ


まあ、相手が男だろうが女だろうが…
“普遍の愛”を謳ってるわりにゃあ…ねえ?
山奥で戯れる姿は、性別関係なくバカップルそのもの。
愛を貫くんだったら、仮にも別の女と結婚なんざできないっしょ?
それでも「切なくて、美しい」なんてほざくなら、旦那が訪れてきた男とキスしてるところを目撃してしまった奥さんの顔を見てなお、同じ台詞が吐けるのかってコトです。

個人評価…★★★☆☆
対象年齢…男の体に欲情する人なら誰でも
見どころ…画面いっぱいの羊、未、ひつじ…



詳細情報

2006年02月02日

オリバー・ツイスト


あの予告編はおかしいですね?もうとにかく可哀想な少年の話です。
名作劇場を実写版にしたようです。フランダースか、はたまた家なき子か…
オリバー、薄幸の美少年ですね。純粋無垢な少年は、下衆な人間の大好物のようですね。

製作 05' 英・仏・伊・チェコ
監督 ロマン・ポランスキー
原作 チャールズ・ディケンズ
音楽 レイチェル・ポートマン
出演 バーニー・クラーク


個人評価…★★★☆☆
対象年齢…原作は児童文学だとか
見どころ…予告編とのギャップ


詳細情報

2005年03月25日

21g


心臓移植によってめぐり合わされる人々の人間ドラマ。
ヴェネチア国際映画祭男優賞受賞作

人によって「21g」を重く感じるか、軽く感じるかはそれぞれかもしれない。
生き物が死ぬときにはなぜか21g分だけ軽くなるという。それが「命の重さ」とされたらしいのだが
ただ、生物が生まれるまでにはそれなりのドラマがあり、生き続けていればまた時間とともにそれは蓄積されていく

重いドラマがお好みな方にオススメ


製作 03’米
監督 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
音楽 グスターボ・サンタオラヤ
主演 ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ

個人評価…★★★★☆
対象年齢…大人向け
見どころ…とにかくヘヴィーだ



詳細情報

2003年08月22日

戦場のピアニスト


この映画を観て、印象的なコメントを残した人がいます。
「私の考えは間違っていた。この世で一番大切なのはお金じゃない。この世で一番大切なのは…」
うんうん。
「この世で一番大切なのは、食べ物です」
……。なるほど。確かに。
戦争の残酷さや、恐ろしさというよりも、「人間独りでは生きてゆけない」という事実を、痛感させられた映画でした。
大金持ってたって、生産者、商売人がいなけりゃ、何も手に入らない。
人の前に、動物であるということ。
彼女はそれを理解したのだろう。

製作 02’仏/独/英/ポーランド
監督 ロマン・ポランスキー
原作 ウワディスワフ・シュピルマン
出演 エイドリアン・ブロディ

個人評価…★★★★★
対象年齢…万人が見てもいいのじゃないかと
見どころ…全てを物語っている、瓦礫のシーン




詳細情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。